おまとめローン、総量規制を語る闇金に注意

総量規制とは、年収の3分の1を超えた融資が出来ない法律です。

貸金業法によって定められています。

年収の3分の1を超えると、返済が非常に難しくなり、自己破産してしまう可能性が高まります。

債務者を守るための規則です。

 

総量規制対象外とされる「おまとめローン」は多重債務者を救う手段ですが、その性質上審査は少し厳しめです。

おまとめローンで借りたお金の目的は「借金の総返済減額、又は利息の軽減」にあります。

したがって、年収の3分の1以上を借りれるおまとめローンで融資限界を超えてしまえば、

生活費が足りなくてもこれ以上の融資は出来なくなってしまう恐れがあるからです。

 

闇金も「借金の一本化!」「返済のおまとめに!」という甘い言葉を使用することがあります。

当然ですが、闇金は貸金業法違反者なので、おまとめローンが出来ません。

簡単審査でおまとめローンという誘惑には乗ってはいけません。

闇金被害に遭った場合は、弁護士に無料相談してください。

 

 

昨年より、大手銀行は自己規制をはじめ、総量規制対象外ではなくなりました。

総量規制対象外でキャッシングできるのは、正規の消費者金融です。

大手消費者金融で審査が落ちてもまだまだ大丈夫。

中小企業のおまとめローンは、大手より比較的審査が通りやすいのです。

おまとめローンの審査が通りやすい正規の消費者金融はこちら。

 

投稿日:

Copyright© 闇金確認.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.